ホーム  >  プロダクツ  >  CampStove 2(キャンプストーブ2)

プロダクツ

CampStove 2(キャンプストーブ2)

焚き火の熱で電気をつくる。新世代のキャンプストーブ

 

焚き火の熱で電気をつくる。新世代のキャンプストーブ

焚き火で発生した熱を電気に変換してファンを回し、燃焼効率を上げる小型のキャンプストーブ。煙の少ないクリーンな焚き火を楽しみながら、アウトドアや災害時に必要になる電気を蓄えることができます。

 
 

【テクノロジー】

 
 

焚き火のエネルギーを無駄にしない発電・送風システム

 

キャンプストーブ2の特徴は、焚き火の熱を利用した発電・送風システム。焚き火で発生した熱から電気を生み出し、その電気で送風ファンを回転させ、ファンから送り込まれた空気によって焚き火がよく燃えて……とエネルギーを循環させることで、発電と効率のよい燃焼を実現しています。

エネルギーが循環するので、電気のない環境でも、いつまでもパワフルな焚き火を続けられます。

 
 

燃焼室内に見える銀色の棒が熱されることで、電気が発生します。

 
 

【キャンプストーブ2の魅力①】

 
 

送風機能により、クリーンでパワフルな焚き火が楽しめる

 

送風ファンが燃焼室に空気を送り続けるので、煙の少ないパワフルな焚き火を楽しめます。燻りにくく、火おこしも簡単。送風は4段階の調整が可能なので、小さな炎での静かな焚き火から、大きな火力でも調理まで、シーンに合わせた焚き火を楽しめます。

 

 
 

【キャンプストーブ2の魅力②】

 
 

アウトドアクッキングにも最適

 

燃焼効率がよく、火力のコントロールもしやすいキャンプストーブ2はアウトドアクッキングにピッタリ。パワフルな炎を生かした焼き物から、スープや煮込み料理まで、様々な料理を楽しむことができます。また、アウトドアクッキングを便利にするオプションアイテムも充実しています。

 

キャンプストーブ2を使ったレシピ集はこちら

 

 
 

【キャンプストーブ2の魅力③】

 
 

アウトドアや災害時に頼りになる発電能力

 

アウトドアや災害時といった電気のない環境で、キャンプストーブ2は小さな発電機として役に立ちます。焚き火の熱によるキャンプストーブ2の発電能力は3W@5W。初代モデル比150%の発電能力により、より確実に発電が行えるようになりました。発生した電気は本体に内蔵されたバッテリーに蓄えておくことができるので、焚き火をしていない時にもモバイルバッテリーと同じようにスマートフォン等を充電できます。
災害時には、お湯を沸かしたり、暖を取ったりといった焚き火台としての機能も非常に役立ちます。

 

キャンプストーブ2の発電能力検証した様子はこちら

 
 

【キャンプストーブ2 スペック】

 

重量

935g

素材

ステンレス鋼(ストーブ部分)

サイズ

直径127mm × 高さ210mm

内蔵電池

2,600mAh リチウムイオン電池

USB出力

2A

付属品

フレックスライト、収納袋、本体充電用ケーブル、着火剤

沸騰到達時間

4分30秒(1.0L)※燃焼条件によります

充電可能機器

USB充電が可能な電子機器 ※すべての機器への充電を保証するものではありません。

燃料

小枝、松ぼっくり、木質ペレットなど

発電能力

3W@5V(持続可能最大)

 


このページのトップへ